2006年12月31日

2006年にありがとう2007年にこんにちは

あ~今日はゆっくり2006年を振り返るはずだったのですが、友達と一緒なので
更新できませんでした。でも少しだけ振り返ります。

今年は内容・回収率はともかく競馬を目一杯!楽しめた気がします。

ずっと私の楽しい競馬ライフを支えてくれたのは、ひっきぃちゃん

あなたのおかげです!これからもよろしくね!

そして、何と言っても今年1番うれしかったことは

HP&ブログを通してスピカさんや原口先生

GKさん
絶叫さんおとうとさんKAZUさんすみのえさん

をはじめとするみなさんに出会えたことです。

どうかみなさん来年もよろしくお願いします。

みなさんのおかげで私の競馬ライフは一層充実します!

そして私の拙いブログを見て頂いたすべての皆様、

本当に本当に感謝です。ありがとうございます

来年も頑張りますのでよろしくお願いします。

最後に、今年1年、こんな私を支えてくれたすべての人に感謝して ありがとう
  

Posted by マンダレー at 23:54Comments(6)TrackBack(0)日記

2006年12月30日

アルスラーン戦記…懐かしい

今日は、久しぶりの休日だったのですが、年賀状書きなどやることはたくさんあるのに
気力がなく、1日中、ボ~ッとしたり、寝たりの繰り返しでした。
本当は、この1年を振り返ろうと思っていたのですが、明日にします

今日はとりあえず最近、読み返している小説を少しでも読もうと頑張ってたのですが、
2~3ページ読むと、視界が暗くなり1時間くらい経過してハッ!と起きる…そんな感じでした。

読み返している小説とは、いい年した大人が恥ずかしい気もしますが、
田中芳樹の『アルスラーン戦記』です。
中世ペルシア世界に良く似た異世界が舞台で、作品随一の大国パルスの
王太子アルスラーンが主人公の英雄ファンタジー物語です。

物語は、強国パルスが西方の一神教、イアルダボート教を信仰するルシタニアの侵攻を受けて、
精強を誇る騎士団はアトロパテネの野で壊滅し、さらに首都を占領されてパルスは滅亡。
初陣だった主人公アルスラーンは、『戦士の中の戦士』ダリューンや策士ナルサスの協力を得て
祖国奪回へ旅立つといった話です

ここ2年、連続して新刊の11巻・12巻が刊行されているので読み返しているのですが、
1巻で14歳だった主人公のアルスラーンが、第2部の8巻で18歳なのに、
1巻が刊行されてから今年で20年が経過している小説です。

最初は、1年に1巻ペースで刊行されて、当時、中学生だった私はすごく楽しみにしたのですが…
9巻から10巻刊行までが7年間、10巻から11巻刊行までが6年間も待たされて
新刊が出るたびに読み返しているのです。今年はシンジラレ~イ!ことに
わずか1年で12巻が出たのでまたもや読み返しているわけです。

我ながら良い読者だと思うのですが、田中芳樹氏は私の心の名著『銀河英雄伝説』
作者であり、このアルスラーン戦記も大好きなので何とか完結に持っていって欲しいものです。

ちなみに私は、ナルサスのような策士タイプに憧れます。競馬でも策士と行きたいものです

明日は、普段、競馬に行かない友人と共に名古屋競馬に参戦します  

Posted by マンダレー at 23:20Comments(7)TrackBack(0)日記

2006年12月26日

有馬記念も終わり

有馬記念も終わり、いよいよ2006年も終わりかという感じがしてきました。
有馬記念、ディープインパクトのラストランだった訳ですが、
マスコミが騒ぎ立てるほどの感動もありませんでした。勝ったか…という感じでした。

以前も書いたようにジャパンカップでのディープインパクト陣営&武豊は、
凱旋門賞失格という事件後ということで、何とも言えない悲壮感が漂っていました。

それ故にディープがJCを勝った時は、賛否両論あると思いますが、
ディープインパクトという歴史に残る3冠馬の戦績に付いたの上へ新たな勝利の
歴史を刻み再スタートした…、このことに何か妙にホッとして感動したのです。

でも今回はそういった感動もなく、むしろディ-プと最後の対決であるにも関わらず、
ライバル馬の大半が、ディープに勝つための競馬をしたようには見えなかったのが、
ここまで冷めて観ていた原因なのかもしれません。

特にコスモバルク!
なぜ去年のように前々で競馬をしないっ!
去年は、臨戦過程が悪かったにも関わらず、前々の競馬で4着に来たのに今年は
控えるって…五十嵐騎手は、ダイワメジャーの位置で競馬をすると思ってました。

バルクに限らずディープに勝つために後ろで競馬した(正しいとは思えない…)馬は、
なぜディープを外外で楽に回らせたのか?
ディープの外に蓋をして馬込みの中に入れることはできなかったのか???
一度で良いから本気でそこまでやって欲しかった気がします。

いずれにしろディープインパクトは、これで引退です。…おつかれさまでした

そして
来年からはイースターの時代がやってきます!!

来年のマイルG1&天皇賞秋はイースターが勝ちます


ちなみに有馬記念で今年の競馬は終わった…
とお嘆きのそこの(・_・)σアナタ!

まだまだ笠松競馬&名古屋競馬は開催します!

笠松競馬12/28~元旦まで

名古屋競馬大晦日~1/5までです


競馬が好きで、時間のある方は、ぜひぜひ行ってみてください。楽しいですよ~

ちなみに
有馬記念の収支は、投資¥29200 → 回収¥29040でした。
一見するとほぼ五分ですが、他レースで大負けなのは内緒です(笑)
稔さん…ε=(。・д・。)ふぅ~   

Posted by マンダレー at 00:25Comments(4)TrackBack(0)日記/中央&名古屋競馬

2006年12月24日

私なりの結論~有馬記念~

昨日は、全く結論が出なかった有馬記念でしたが、ようやく私なりの予想が固まってきました。

昨日も書いた通り、今回の有馬記念予想の基本スタンスは、

連軸としては、ディープインパクトを信用しつつ、相手あるいは負かす馬探しでした。

去年の有馬記念を観てもわかる通り、ディープを負かすには前々で競馬をするのが
1番だと思います。となると中山巧者に加え前々で競馬ができる馬を選ぶことになります。
さらに私なりに本気でディープと勝負をする騎手という要素も入れて考えた結果、こうなりました

     ディープインパクト
     コスモバルク
     スイープトウショウ
  △1 ダイワメジャー
  △2 スウィフトカレント
  △3 メイショウサムソン
  ×   ドリームパスポート
  ×   デルタブルース

△3と×印のメイショウサムソン、ドリームパスポート、デルタブルースは、2頭に絞るつもりです。

スイープトウショウの池添謙一騎手が、悪者になる!!と言ったのを信用します。
池添騎手とは、馬券の相性も良いのでぜひ宝塚記念の再現を期待します。

コスモバルクは、使いすぎの感も否めないですが、今秋の成績安定は、
遂に馬が本格化してきたと見ます。

ダイワメジャーは、中山巧者に加え、言わずとしれた名手、安藤勝巳騎手が
必ず何かをしてくれると期待します。

スウィフトカレントは、横山典弘騎手は、ディープに挑んだ数少ない騎手だ!と思います。だから距離が長い気がしますが、横山騎手は足りない馬も持ってくるので騎手で買います!

今年の最後のレース、何とか笑って終えたいと思います。

これがダメなら東京大賞典があるし…(笑)

今日の写真は、ドリームパスポート、悲願のG1制覇に頼もしい鞍上、内田博幸騎手です。
  

Posted by マンダレー at 00:48Comments(0)TrackBack(0)日記/中央競馬

2006年12月22日

有馬記念まであと2日!

名古屋GPが終わってさらに名古屋競馬の開催も今日で終わり、
その余韻に浸る暇なく今度は有馬記念が近づいてきています。

今年は、中央競馬にとっては色々あった1年でしたが、ようやく大団円を迎えようかとしています。
注目は何と言ってもディープインパクトです。

今回ラストランとなるディープですが、出来は去年の有馬記念よりずっと良さそうな感じがします。
となると、国内で唯一負けている中山競馬場とはいえ、連軸にディープで大丈夫でしょう。

問題はディープの2・3着、あるいはディープを倒す相手です
これが難しくて現在も考え中です。しかも、私は、有馬記念当日、都合が悪いためTVさえも見れないからパドックや馬体重すら判らない前日に馬券を買うことになります。

普段なら気にしないですが、今回は馬体重で切るか買うかを決める馬がいるので辛いです。
メイショウサムソンの秋不調の原因は、増えすぎた馬体重にあると思うのです。

ただサムソン、ドリームパスポート、アドマイヤメインの3歳勢は、
さすがに秋4戦目で、『見えない疲れ』があるように思います。

となると秋絶好調のダイワメジャー、叩き3走目のスイープトウショウ
悲願の国内G1制覇コスモバルク、武幸四郎で大駆けありそうなアドマイヤフジ
になるかと思うのですが…横山典弘のスウィフトカレント、ペリエのポップロック
も捨てがたい…ブログを書いていたら整理できるかと思ったのですが…
ディープ以外は全く決まりませんでした…

この悩ましい時が1番楽しいですが、明日には結論を出さないといけないので予想は明日にします  

Posted by マンダレー at 23:41Comments(0)TrackBack(0)日記/中央競馬

2006年12月20日

圧巻!名古屋GP!!

今日は朝から名古屋競馬に行って来ました。中京なら朝一からいることが多いのですが、
名古屋競馬では本当に久しぶりです。

早速、1レース目から名古屋競馬へ寄付をして出足の悪さを嘆いていた時、
私の所に綺麗な女性が近づいてきて、誰かな~と思ってサングラスをはずしたら、
スピカさん のお友達の女医タンさんでした。
女医タンさん覚えていてくれてありがとうございます。

女医タンさんとお話ししている内に、スピカさんや絶叫さんとも会ったのですが、2人ともなんかすごく楽しそうで見ている私も楽しい気分になりました。
GKさんとも少しだけ会いましたが、辺見マリも楽しみにしているように見えました。
今日の辺見マリは、???な企画の多い名古屋競馬としてはスマッシュヒットだったと思います。
パドックの人が少なくなるすごい盛り上がり方でした。

それから東海のおうまさんというHPの管理人さんを紹介してもらえました。
(HNを聞けば良かった…しかもちゃんと自己紹介できなくてごめんなさい m(_ _)m )
そしてみなさんといろいろお話をしたのですが、みんな名古屋競馬が大好きで楽しんでいることが
伝わってくるので、聞いているこっちも楽しくなってくることばかりでした。

あとクリスマスも近いこともあってこんな可愛らしいコスプレもありました。
誘導馬エリモバーベナに乗っているくぅさんは馬場で写真を撮ろうとすると止まってくれる
とても良い方です。


馬券の方は…全くカスリもせず名古屋GPもハズレてもうダメかと思ったのですが、
最終11Rで馬単を的中できて何とかすこしだけ溜飲を下げることができました。

名古屋GPは、私には長距離だけあって非常に淡々としたレースという感想でしたが、
帰り道にGKさんとレース回顧して家にかえって見直してみると、GKさんの言った通りの
ルメール騎手の上手さ&吉田稔騎手の上手さが光るレースでした。
ただヴァーミリアンが1コーナーで外に振られかけたあと、GKさん曰く『言葉にできないくらい
上手いルメール騎手の立て直し』が把握できなかったので、さらなる観戦眼の修行が必要です。

ただ進路を閉められたのに4コーナーで、すっと外に出して一気に先頭に立ったのは圧巻でした

今年は去年ほど目立った活躍をしている印象はないルメール騎手ですが、世界で戦う騎手は、
違います。表彰式後の長い間ファンのサイン・握手に応えていたのも好印象でした。
  

Posted by マンダレー at 23:53Comments(0)TrackBack(0)日記/名古屋競馬

2006年12月19日

明日は名古屋競馬参戦!!

仕事と夕飯調達の寄り道のせいで23時帰宅になってしまってようやく一息つけました。
ずっ~と忙しかった仕事も今日で一段落つきました。つかの間の休日です。

まぁ23日から29日まで毎日、別の仕事が入ってますが…・゚・(つД`)・゚・
有馬記念まで見れないなんて私にとっては死刑宣告にも等しいです

まぁそんな話は置いといて明日は、名古屋GP です。

中央勢は、C・ルメール騎乗のヴァーミリアン
交流重賞を勝ちまくっている岩田騎手のサイレントディール
久々にG1を勝って勢いに乗る後藤騎手のマイネルボウノット
唯一の不安は騎手!?名古屋で重賞を勝ったことのあるドンクールです。

迎え撃つ名古屋勢は、5頭!

我らが原口厩舎キングスゾーンをはじめ、
名古屋最強馬の呼び声高いムーンバレイ
名古屋の白き女王レイナワルツ
名古屋を代表する馬レッドストーン
名古屋の重賞戦線を戦う歴戦のタイキサファリです。

他地区の地方馬は、
個人的には中央時代、馬券を獲らせてくれた金沢のビッグドン
岩手のパワーポリティクスと高知のマイネルリチャードです。

本当に楽しみなレースです。明日は名古屋競馬を満喫してきます!!

レイナワルツ、本当に綺麗な馬です
  

Posted by マンダレー at 23:59Comments(2)TrackBack(0)日記/名古屋競馬

2006年12月19日

おめでとう吉田稔騎手!

今日から名古屋競馬は、名古屋GPシリーズが開幕しました。
去年は、楽しみにしていたのに雪で中止でしたからもう1年かと思うと、時の流れは早いものです。

そんな名古屋GPシリーズですが、今日の第1R、

吉田稔騎手が、通算2000勝!!を達成しました。
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=17714&category=B

吉田稔騎手、本当に本当におめでとうございます。

GKさんのブログによると、名古屋競馬史上、2人目の快挙だそうです。
以前(12/9)も書きましたが、吉田稔騎手にとっては、本当に厳しい試練の1年だったと思いますが、中央での活躍、名古屋でのメモリアル記録達成と年末に良いニュースが続いていることは、
来年、吉田稔騎手のさらなる飛躍を感じさせる良いムードになってると思うのです。
いや!良いムードになってます!!きっと!!!

これからも名古屋競馬の顔としての活躍もして欲しいし、複雑な気分ですが…

正直、私は、中央で活躍する吉田稔騎手が観たいっ!!です

中央入り再チャレンジ or 名古屋競馬、どちらの道を吉田稔騎手が選ぶのかはわかりませんが、

吉田稔騎手を応援する気持ちは、来年も変わりませんよっ!
写真は、今年3月の吉田稔騎手です。
  

Posted by マンダレー at 00:12Comments(0)TrackBack(0)日記/名古屋競馬

2006年12月17日

祝!!5000HIT!!!

今週は、やっぱり仕事が忙しかったのと忘年会が重なったせいもあって全く更新できませんでした。
PCすら立ち上げられない状況の中、久しぶりに更新しようと来てみたら、

アクセスカウンタが 5 0 0 0 !!越えてるっ!!!

開設してまだ2ヶ月…しかもつまらない内容なのに 本当にありがとうございます
これを励みにこれからも頑張っていきたいと思います。

さて今週も中京競馬場に行ってJRA様に多額の寄付をしてきました…
ただうれしいことも1つ、

現役馬で、私が1番大好きな馬、イースターが久しぶりの勝利をあげました。
春に骨折してから復帰4戦、惜しい競馬が続いていましたが、ついにやってくれました。
応援してる馬が勝つと本当にうれしいです。今回は、単勝馬券も獲ったのでうれしさ倍増です。

応援してる馬だから単勝馬券を獲って当たり前では?と思う方もいるとは思いますが、

実は私が応援している馬の単勝を買うと高確率で負けるのです。

たとえば、主に出走すると単勝を買って応援してる馬をあげてみると…
前述のイースターは、2勝7敗、シンボリウエストは、単勝買い始めて4連敗中、
マルカシェンクも5連敗中、インティライミも5連敗中、
ワンモアチャッターに至っては、6連敗(単勝買わなかった時に、重賞勝ったし…)、
新しい所ではショウナンアクトも今日で2敗目、
あのディープインパクトも唯一、単勝で勝負したのが、負けた去年の有馬記念と…

ただ単に、その馬の単勝馬券の買い時を知らない馬券下手↓なだけの気もしますが…

でも好きな馬の単勝買ってドキドキワクワクしながら応援するのはやめられませんよっ!!
今回、ついに報われたイースターの単勝馬券です。これは財布に入ってたお金の約半分です。
全額行くか悩みましたが、ひっきぃちゃんに止められて考え直しました。
たくさん馬券を買う人にはショボイ金額ですが、私のような小市民には冒険でした。

ありがとう~イースター次も頑張って~

  

Posted by マンダレー at 23:47Comments(4)TrackBack(0)日記/中央競馬

2006年12月11日

月曜日は比較的ヒマかな…

最近、仕事関係が忙しい忙しいと言って目が回ってますが、月曜日は余裕があります。
まぁここで気を抜くと明日以降、忙しさの大波が一気にやってくるのですが…(笑)

早いもので今年の競馬もあと2週間…今週はG1の連続開催はお休みです。
まぁ普通に考えると、今週はJRAに搾取されなくて済むはずなのですが…

やっぱり自主的にJRA様に貢ぎ物をしそうです

最近、新聞を読むヒマがなく競馬情報をチェックする時間がありません。
でも意外に情報を集めない方が良く当たる気もします。
何事も無心無欲がいいのかもしれません。

先週のG1、朝日杯フューチュリティステークスで連勝が止まったオースミダイドウ
骨折してしまったそうで非常に残念です。何とかクラシックに間に合って欲しいですね。

この馬は、9月の野路菊Sで実際に見た時、漆黒の馬体に脚も長くて格好良く、
すごく大物感のある『これは走りそうだなっ!』という雰囲気のある馬でした。
  

Posted by マンダレー at 21:34Comments(0)TrackBack(0)日記